Top

***Author: MIZU*** ---------------------Copyright(c)2008 MIZU/photography-style
by kkk_mizu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
CLUBMASTER
f0198729_13505150.jpg
■FUJIFILM X10■

**Ray-Ban RB3016 “CLUBMASTER” W0365**

G-15レンズの定番モデルが欲しくて「クラブマスター」を選びました。
ウェイファーラーほどアクが強くなく、黒フレームとG-15の組合せも違和感ありません。
セルフレームのモデルにはない高級感と、クリングスタイプの鼻当てによるフィット感は抜群です。
ゴールドのメタルフレームも渋みがあり、オトナの色気ムンムンです(笑)




f0198729_1440328.jpg

ブロウフレームに華奢なテンプルがクラシカルな雰囲気。
レンズはウェイファーラーより小さく、全体の幅は変らず。

f0198729_1447472.jpg

フレームの傾斜はほとんど無し。
僕のように耳の位置が低い人は、もう少し傾斜をつけても良いかも・・・

f0198729_15324163.jpg

クリングスはデフォではかなり狭いので、自分の位置に合わせて調整が必要。
メガネ店にお願いして適正工具で調整するのがベスト。
僕は面倒なので手でぐいっと広げてジャストフィットに。
無理な調整はロウ付部分に負荷が掛かるので、自己責任で。。。

f0198729_14594714.jpg

信頼の出来る正規取扱店の中から、良心的価格のお店でイタリー製在庫をなんとかゲット。

f0198729_157572.jpg

クラブマスターは全て中国生産にシフトされており、既にミラリジャパンからの仕入れ分は中国製に…
国内正規のイタリー製は店頭在庫品のみの筈なので、こだわる人は急いだ方が良さそう。

f0198729_15101173.jpg

そしてこれが中国製のクラブマスター。もちろんミラリジャパン仕入れの正規品。
全体の雰囲気は別に変らず、実際に比べないと分からない。

f0198729_1515785.jpg

ひょんなことから、イタリー製と中国製の2本が手元に…
上が中国製で下がイタリー製。

f0198729_1519507.jpg
-中国製-
f0198729_1520241.jpg
-イタリー製-
イタリー製といえども、最終組立て工程がイタリアってだけで、パーツ自体は同一と思いきや
ブロウ部分の形状に違いがみられ、中国製の方が上部がラウンドしていて厚みもある。
どちらかというとボシュロム時代の形状に戻った感じか。

f0198729_15263039.jpg
-中国製-
f0198729_15265745.jpg
-イタリー製-
f0198729_15273237.jpg
-中国製-
f0198729_15275818.jpg
-イタリー製-
セルフレームとメタルフレームの固定ネジの位置を見ても、形状の違いは明らか。

f0198729_15335818.jpg
-中国製-
f0198729_15342373.jpg
-イタリー製-
f0198729_15345194.jpg
-中国製-
f0198729_1535132.jpg
-イタリー製-
中国製のクリングスは左右の幅が広く、位置が高い。パッドはカーブしたもの。
イタリー製のクリングスは幅が狭く、位置が低め。パッドのカーブは緩い。
そこらへんのセッティングの違いは、テンプルのブリッジサイズ表記が示すとおりかも。

f0198729_15431531.jpg
-中国製-
f0198729_15433962.jpg
-イタリー製-
テンプル表示は中国製が大きめ。
サイズ表記は中国製が「49□21」に対し、イタリー製は「49□00」とブリッジサイズに違い。

f0198729_154750100.jpg

中国製の右テンプルの表記。
イタリー製は「MADE IN ITALY」があるが、中国製の生産国表記は外箱のみ。
Ray-Banロゴの後ろの「T」は中国の工場の頭文字。
これはメガネフレーム(RXで始まる型番)の生産工場と同一。

f0198729_15574767.jpg

f0198729_15581093.jpg

右が中国、左がイタリー。
テンプルの太さの違いは触っただけで分かるほどの差。
全体のしっかり感も中国製の勝ち。
もしかしてメガネフレームと共通のフレームを使用してる??

f0198729_1631025.jpg
-中国製-
f0198729_1634398.jpg
-イタリー製-
フレームの傾斜は中国製がきつめ。
このくらいの差は調整でも変化するので誤差の範囲内。

f0198729_1664846.jpg
-中国製-
f0198729_167793.jpg
-イタリー製-
左レンズの「RB」のエッジングはどちらも裏側から。
ただ、中国製は彫りが浅く、写真に撮るのが一苦労…(汗)

f0198729_1694248.jpg

外箱は生産国による違いというより生産時期的なものが大きいかも。
中国製のものは若干小さく、表面のツヤがない。生産国表記は箱のシールのみ。

f0198729_1612017.jpg

左右が逆になってしまったが、左が中国製。ほとんど変らず。
外箱と同じで生産時期によるものと思われる。
中国製に付属のものの方がプリントが鮮明。イタリー製付属のものは文字が太い。

f0198729_16153754.jpg

左右戻って右が中国製。
付属品に関しても時期的なもので、生産国による違いはないと思う。

f0198729_16175085.jpg

上が中国、下がイタリー付属のクロス。
中国付属は若干小さく、ペラペラっぽい。
イタリー付属はクロスとルックスオティカ取説がビニールに同梱されるが、中国付属は別々。

f0198729_16204316.jpg

小冊子にも違い。中国付属のデカい方が僕の中の標準。
イタリー付属のものは初めて。

f0198729_16222555.jpg

ピンボケですが…左がイタリー製、右が中国製。

色々比べてみると両者には細かな違いがあります。
まだまだ僕の気が付かない違いはあるかもしれませんが、「どこにこだわるか」でしょう。
確かに僕も慌ててイタリー製を手に入れはしましたが、ハッキリ言って迷います。
生産国を隠して目の前に出されたら、多分中国製を選ぶと思います…

今回感じた違いがメーカーの仕様変更によるものであるとすれば、間違いなく改善だと思います。
それでも生産国にこだわる方は、僕のようにダッシュでゲットしましょう^^;



最後に。。。


f0198729_16391121.jpg

購入の際はサングラスの赤タグと、このミラリジャパンの保証書、取説が付属されるか確認しましょう。
ミラリジャパンの正規品には必ずこれらのものが添付されています。
正規品と謳いながら、これらが一切添付されないショップも存在します。
保証書は当然ユーザーに対して発行されるものであり、添付しない理由はありません。
単純で一番効果的な信用の手段を敢えて使わないのは何故でしょう?
我々素人が、手にしたレイバンを安心して本物であると言える証は、残念ながらこれしかありません。
繰り返しますが、購入の際は保証書の添付の確認をおすすめします。
通販等でいきなり中国製が送られてきても不安にならないで済むように。。。
[PR]
by kkk_mizu | 2012-10-07 17:05 | LIFE
<< METEOR NEW BALANCE 576 >>


カテゴリ
タグ
(91)
(78)
(69)
(66)
(65)
(59)
(43)
(42)
(34)
(27)
(25)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(13)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
記事ランキング
以前の記事
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧